もらえる障害年金の額

障害年金の申請が通った場合、どのくらいの年金が貰えるのでしょうか。障害の程度や加入していた年金の種類によって異なりますが、平均的には、6~16万という人が多いようです。国民年金を基礎年金として、その上に厚生年金や共済年金加入分が加算される、通常の年金と同じ仕組みのため、サラリーマンや公務員などの方が、支給される年金額は多くなります。国民年金加入者が支給される年金は「障害基礎年金」、厚生年金加入者が支給されるのは「障害厚生年金」、共済年金加入者に支給されるのは「障害共済年金」と呼ばれます。障害基礎年金は年額が決まっており、平成29年度は1級認定者が974,125円、2級認定者が779,300円となっています。3級認定者には障害基礎年金の支給はなく、要件を満たしていれば3級の障害厚生年金が支給されます。また、配偶者や子どもがいれば、加算されることもあります。

初診日加入していた年金の種類は障害になった病気やケガの「初診日」にどの年金に加入していたか、で決まります。例えば、国民年金だけに入っていた学生時代の病気の影響で障害が残ったとしても、申請している現在サラリーマンとして働いていて厚生年金に加入していたとしても、支給される障害年金は、国民年金加入者の金額で支給されます。

さまざまな条件があるけれど、支給されれば生活の暮らしが少し助かる「障害年金」。窓口や医師と相談しながら、申請にチャレンジしてみてください。